ボーンブロススープ

人間の自然なサイクルとして

消化、吸収、排泄に分かれています。


午前4時から正午12時までは排泄の時間です。

排泄の時間帯は体に負担がかからないように

固形物を摂らないようにしています。


お腹が空いた時は

コールドプレスジュースやスムージにしているのですが 最近は寒いので(と言っても18〜25度)

温かいものがいいなぁと思い 何か変わるものを調べていたら

「ボーンブロススープ」にたどり着きました。

美味しくて、しかも美容と健康に嬉しい効能だらけ!

詳しくはこちら→


使う骨はもちろんグラスフェッドのものを。

こう言った食材が簡単に手に入るのも

オーストラリアの良いところです。

お肉屋さんはストックランドショッピングセンター

の中に入っている Mighty Nice Meet です。

Marrow bones と Oxtail と Soup bones の3種類を購入。


今までグラスフェッドのお肉をスーパーで買っていたのですが

ここのお肉屋さん、スーパーよりも断然安い!

今まで知らなかったー!


正式にはコトコトと36時間煮込まなければ

ならないらしいのですが

時間的にも仕事を持っていると難しいので

圧力鍋で3時間ほど煮込みました。


骨は2キロ弱

あとは香味野菜。

セロリ2本、ジンジャー、人参一本、人参の葉を入れました。

ニンニクを入れた方が絶対に美味しいと思うのですが

仕事上、入れていません。

玉ねぎも、スープが仕上がった後に

ワンコに骨やお肉を食べさせたいので

入れていません。


アップルビネガーを入れると

骨のエキスが出やすいらしいです。



出来上がったスープを漉して

冷蔵庫へ入れると油の層が5ミリほど固まります。

この油を捨てて、出来上がりです。

保管は冷蔵庫で一週間ほどだそうです。

冷蔵庫に入れていると

ゼラチン質なのでプルプルにスープが固まります。