お肌の乾燥

ケアンズ もかなり涼しくなり

気温の低下とともに空気も乾燥してきました。


こんな時はとにかくオイル。


業務用サイズのホホバオイルをストックして

ポンプ式のボトルに詰め替え

アロマオイルを数滴ブレンドして

シャワールームに置いてあります。


シャワー浴びた後に

タオルで拭く前の濡れた状態の肌に

オイルを塗り込みます。


しっとりと馴染みが良いので

ぜひお試しを。

あの藤原紀香サマもこのやり方です!

間違いない!笑


私が業務用オイルを購入しているは

sydney essential oil

サイトを覗くたびに

あれこれ買いたくなってしまいます。




顔のケアもオイルです。

乳液は使っていません。



左:ココナッツオイル

日焼け止め効果もあるので

普段の生活はこれだけです。

(キャンプやビーチなどアウトドアな時だけは

日焼け止めを使っています。)


このココナッツオイルは

丁寧に手作りされているものなのです! 詳細はこちら→

中央:エミューオイル

エミューはオーストラリアに生息する古代鳥です。 先住民のアボリジニはエミューオイルを

薬のように使っていたそうです。


レチノールを週に一度使うので

その後の敏感になった肌に使っています。

(レチノールは肌のターンオーバーを加速させるので

古くなった表皮がむけます)


関節痛などにも効果があるそうですよ。


シドニーの友人が販売しています。

詳細はこちら→



右:ローズヒップオイル

今や日本でも有名なトリロジー。

もっともサラッとした使いごごちで

肌にすっと浸透します。


これらのオイルを

効能や気分によって使い分けています。


ココナッツオイル とエミューオイルは

使いやすいように

スポイト付きの小瓶に詰め替えています。


出張や旅行の時も

持ち運びに便利です。


基礎化粧品は今まで高価なものも使ったことがありますが

結局シンプルで毎日きちんと続けることと

食事が大切ってところに落ち着きました。


今やバシャバシャ使える安価な化粧水と

オイルのみの生活です。


でも、高級化粧品使っていた頃と

何も変わりません。


あ、でも

シートマスクは朝晩の習慣にしています。

これも安価なものだけど。笑




これも欠かせないアイテム。

パパイヤ酵素でつくられた万能クリーム。

オーストラリア出身のミランダカーもお勧めしてます!


だいたいの乾燥はこれで治っちゃいます。


ひざ、ひじ、くるぶしなど

粉が吹きやすい(笑)場所にすりこみます。




乾燥するこの時期

必需品のオイルのご紹介でした。



オーストラリアより inside and out

イメージ戦略コンサルタント福嶋かおりでした。

inside and out
オーストラリア
イメージ戦略コンサルタント
福嶋かおり
​16タイプパーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断・顔タイプメイクレッスン・ワークショップ